カテゴリー

レンタルオフィスの今後

オフィス街

レンタルオフィスは1980年代の貸机業に始まり、その後電話や机を備えた小部屋をレンタルする形式が増えてきました。また秘書機能や共用の会議室を併設したものも出現し、よりオフィス機能を備えたものになりました。

1990年後半以降はIT化が進展し、インターネットと携帯機器のおかげで執務場所を固定せずに作業が可能になりました。そのため現在は執務スペースの無いバーチャルオフィスや、必要なときだけレンタル可能な貸し会議室の利用も盛んです。

将来はより多様なサービスを提供したり、より規模の大きいオフィスを提供する業者の出現が予想されています。

レンタルオフィスとは
レンタルオフィスとは、会社として賃貸契約をして借りるのではなく時間や日数などによって借りるものであり、資金、礼金、毎月の家賃や年間の設備管理費などがかからず使用した期間の分だけ支払います。

入社試験など多くの人を会社に集めるには広い会議室のない企業にも貸し会議室として利用されたり、自宅や場所を選ばずにインターネットで仕事を運営している人には、会社としての住所に設定するバーチャルオフィスとしても利用されています。

貸し会議室の概要

レンタル会社

貸し会議室は、時間や月極などで使用したい分だけその空間を会社として借りることを言い、レンタルオフィスとも呼ばれます。

賃貸契約では、内装工事や備品の購入など時間や手間、予算もかかりますが、貸し会議室ではオフィスとしてすぐに利用できるよう備品がすでに備わっている利点があります。

新しく事業を始める人や、自宅や外でインターネットを利用して仕事をしている人が住所登録をするのにバーチャルオフィスとしても利用されています。

レンタルオフィスバーチャルオフィス貸し会議室
レンタルオフィスとはオフィスの備品や部屋をそのまま再現し、格安でスペース代としてレンタルすることです。
バーチャルオフィスとして私書箱を利用すればオフィスと変わらない利用方法が可能です。
貸し会議室も備えていますので、事務所としてだけでなくセミナーや会議も開催することができます。
事務的な作業はレンタル代に含めて秘書サービスや電話転送サービスなどを利用することができます。

駅前の一等地にあるので名刺に記載する本店住所にもはくがつきます。

貸し会議室の説明

スクリーンのある部屋

貸し会議室とは、時間単位で会議をするスペースを提供するサービスです。会議室には、椅子や机、ホワイトボードなど会議をするために必要な設備があります。

この他に、貸し会議室から進化したサービスとしては、レンタルオフィスやバーチャルオフィスが挙げられます。前者は、会議室の他に、事務室や応接室なども備えたオフィス全体を提供するサービスです。後者は、インターネット上での会議を行うためのサーバーを提供するサービスです。

貸し会議室についての歴史と今後
貸し会議室はオフィスを持たない企業や、大人数の人と効率よくディスカッションを行うために利用する民間の人々など様々な人が活用することのできる施設です。その中には部屋を提供するだけでなく、マイクやプロジェクターが完備されている部屋もあり、それら備品の維持費もかからずに使いたいときだけ使えるため、現代社会においてとてもニーズが高いです。

東京は土地や建物の値段も高く、十分な施設を所有できない企業もたくさんあり、今後この貸し会議室はどんどん増えていくと予想されます。

オススメリンク
アーカイブ
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031